在宅事件と勾留状

刑事事件が発生した場合には、警察が容疑者を逮捕するといったイメージを抱いている人が多い傾向にあります。しかし容疑者を逮捕しない状態で捜査をするといった事も可能です。軽微な内容の刑事事件で逃亡や証拠隠滅の危険性が無い場合には、容疑者を逮捕せず書類送検をします。これを在宅事件と呼ばれています。
在宅事件の場合は刑事裁判を行っている期間も、勾留されずに済みます。しかし事後的に勾留する必要性が生じる場合もあります。そういったときには裁判官が勾留状を発行します。この勾留状が発行されると、被告人の身柄を拘束する事が可能になります。その際には、容疑者を逮捕するときと同様にして行います。勾留状を被告人に提示した上で、手錠をかけて縄を巻きます。そして拘置所まで連行する事になります。その後被告人は身体検査や所持品検査を受けた後、刑事裁判が行われている間は拘置所で生活する事になります。
また在宅事件で実刑判決が確定した場合には刑務所に収監される事になりますが、その際にも同様の手続きを経て一旦拘置所で身柄を拘束するといった手順を取ります。ただし在宅事件の場合は執行猶予が付く可能性が高いため、こういった例は稀なケースです。ベッド

Comments are closed.