勾留前の扱いについて

勾留というのは被疑者や被告人を拘禁するということです。当該裁判などに基づいて行われます。報道の際には、拘置という表現が使われることがあります。また、かぎ勾留とよばれることもあります。被疑者の勾留は適法な逮捕が行われている際にのみ認められています。用件は犯罪の嫌疑の他にも、勾留理由や必要性もあります。理由や必要性というのは、証拠隠滅の恐れや、逃亡の恐れなどです。勾留前には、検察官が勾留請求を裁判官に行います。逮捕から勾留請求までには制限があります。そして、被疑者に対して勾留前に勾留質問が行われます。被疑事件に対する陳述をきくのです。ここには、裁判所書記官が立会いをします。そして、調書を作成するのです。そして、勾留状を発付します。ここで勾留状がだされない時には、釈放命令を発します。被疑者を勾留したときには、弁護士に通知をされます。弁護士がいない場合には、法定代理人等に通知がされます。勾留の場所というのは、警察の施設や留置施設です。勾留期間というのは請求の日から10日間です。やむおえない場合があるときには期間を延長することが認められています。延長は10日間を超えなければ、何度でも延長することもできます。椅子01

Comments are closed.