国選弁護士と私選弁護人

殺人や強盗、窃盗や詐欺など、世の中にはさまざまな犯罪があふれています。人々が安全に暮らすためには、こうした販売を裁くための制度設計が欠かせません。悪事が正当に裁かれる世の中でなければ、正直に生きる人々は不当に不利益を被ることになるからです。しかし、人が人を裁くうえでは、誤りなく完璧に刑罰を下すということは残念ながらあり得ません。人は完全無欠の存在ではないので、どんな場合であっても、何らかの誤りをおかす可能性は否定できないからです。特に、人を裁くことは、裁かれる人の今後の人生を大きく左右する重大事ですので、決して誤りをおかすことがないように、慎重に手続きを進める必要があります。こうした手続きの一つが、被告に弁護人をつけることです。どのような重大犯罪をおかした人間であっても、弁護人をつけずに、また裁判の手続きを経ることなしに罰を下されることはありません。金銭的余裕のない被告には、国選弁護士がつけられます。この場合の弁護費用は国から支払われるので、誰もが費用の心配なく弁護を受けることができます。また、自分で弁護費用を負担できる人は、私選弁護人を雇うことができます。この場合は、自分の支払い能力に応じて優秀な弁護人を自分で選ぶことが可能です。テーブル